車載カメラ商品説明、時間設定


車載カメラ 電池は消耗品です。
簡単に使用 SDカードを入れて、付属シガレットコードにつなげば使用できます。エンジンスイッチをかければ、自動的にONスイッチが入ります。
各種設定 ほとんど設定はしなくても問題ありませんが、年月日時刻は問題がおきた時の、証拠日時になりますので、年月日だけは必ず設定をお奨め致します・
車載カメラ画面1 各ボタンの説明です。
車載カメラ画面 一応説明しないと分かりませんので、色々書いてありますが、すでに基本設定にしてあり、撮影設定だけでOKです。この画面は設定しなくてもよい。Jを押してスイッチオン。Mを1回押すと左の画面が出ます。上から画像サイズ、EV,ホワイトバランス、日付プリント、モーションサーチ、Nを押すと録音、録音時間と表示されます。ここの設定は本体の設定であり、ビデオ撮影の設定では有りません。よほどのことが無い限り、触らなくて大丈夫です。

ここで、ビデオ撮影の各種設定を行います。

JでスイッチON.、Mをゆっくり2回押してください。左の画面が出ます。緑色になっているところで、Kを押すと設定の変更が出来ます。緑色の場所を変える場合は、NOを押します。オートパワーオフ・・これは、何もしないとき、スイッチの切れ忘れの時に設定時間になると、自動的にOFFにします。初期設定にもどす・・工場出荷設定になります。触らないほうがいい。電波周波数・・・・触らなくてもいい。さらにNを押すと、日付設定になります。ここは必ず設定してください。日付設定が緑色になっていることを確認して、Kを押してください。(下段にて設定方法説明)。USB接続・・・パソコンに設定して有ります。

車載カメラ日付設定

年月日時刻の設定方法。

日付設定が緑色になっていることを確認してください。次にKを押します。もう一度Kを押してください。左の画面が出ます。西暦を変更します。NOで現在の年に変更する。変更が終わったら、Kで確定させます。いつも変更が終わったら、Kを押します。順に「月」「日」「時」「分」「秒」と設定します。秒は設定は必要ないですね。

表示マーク及びズームイン、アウト  
車載カメラSDカード入っていない 表示左上から、電池残量、年月日、画像サイズ、撮影モード。左中の1.0はズームアウト(推奨)撮影中にNOでアップ撮影も可能です。右下の数字は撮影時間を表示。撮影時は数字が赤色になります。
モーションセンサーとは 物が動いた時だけ、撮影します。電池残量は、動く物が多いと早くなくなります。設定は毎回モーションセンサーに設定が必要です。夜から朝まで写したいときは、外部電源が必要です。配線方法は、お尋ねください。052-835-4111
車載カメラは、おきてはいけない交通事故を写すものです。 そのために、SDカードがいっぱいになると前の画面を消して、上書きし前の映像が消えます。事故がおきたら、車のエンジンを切るか、カメラのスイッチを切ってください。
カメラ撮影 カメラ撮影も可能ですが、写真をパソコンで見るにはOKですが、プリントすると鮮明では有りません。写真編集ソフトがあれがいいですが・・・。Pでカメラ設定にします。シャッターボタンはKです。
本体を持って歩けば、観光・記念ビデオ撮影 SDカードの容量の大きい物を、ご用意しての撮影をお勧めいたします。上書きされますので注意
  詳細設定、説明次のページ